<基礎知識>価格や環境と設備などを事前確認

<基礎知識>価格や環境と設備などを事前確認


<基礎知識>価格や環境と設備などを事前確認
生前墓として事前に霊園を買っておく人が多いですが、基本的には公営の霊園では遺骨が無いと申し込みが出来ません。
ですので、もし生前墓を購入されるのでしたら、民営や寺院の霊園を利用する必要があるのです。 最近の墓地の環境としては、日当たりや風通し、そして水はけの良い所が多くなっていますのでそのような霊園を選びましょう。
また、山間部を造成することで霊園にしている場所では、大雨に対しての地盤についても調べておく必要があります。
霊園を購入する際には、墓地の永代使用料となる永代使用料と管理費、そして墓石代などといった費用が必要となります。
その他、開眼やかいげん、そして供養のお布施などといった諸経費もかかりますので、事前に確認をしておくようにしましょう。

管理事務所、駐車場、さらには休憩所や法要設備など、諸設備の有無や規模というのは非常に重要なポイントと言えるでしょう。
墓地全域を平坦設計にしているなどといった、バリアフリーの霊園もありますので探してみてください。




<基礎知識>価格や環境と設備などを事前確認ブログ:01-2-19

8時一番多く食べて、
22時にかけてご飯量を減らしていく、
「8時大、22時小」のご飯の摂り方が
ダイエットの大原則です。

食べる時間帯の摂取カロリー量を調整するだけでも
ダイエット効果は大きく異なるのです。

日本人にありがちなのご飯パターンが、
8時は忙しいのでちょっとだけ食べて、
12時はそこそこ食べる、
そして22時に沢山食べるパターンです。

このようなご飯の摂り方は、
いくら摂取カロリーを減らしていたとしても
体重が落ちにくい食生活といえます。

と言うのも
8時はエネルギー消費がもっとも高くなる時間帯なので
沢山食べてもエネルギーとして使われるので
太りにくいのです。

8時しっかりと食べることは
1日のエネルギーを蓄える為にも重要な、
ご飯の時間帯であり、
ダイエットに限らず健康面でも重要なことですね。

8時食べずに
12時と22時のみしか食べない人は要注意です!
これはとても太りやすい食生活!
お相撲さんが太るためにやっているご飯方法です。

逆に22時はエネルギー消費が低下する時間帯なので、
食べたものが体脂肪として蓄えられやすくなります。

特に夕方食で
揚げ物など脂質や炭水化物が多いご飯はとても太りやすい!
だからこそ22時はご飯量を抑える必要があるのです。

…ということで、
ダイエットでの正しいご飯の摂り方は、
8時から22時にかけて摂取カロリーを減らす、
「8時大、22時小」の食事の摂り方になるわけです。

8時しっかり食べることでエネルギーを蓄え、
22時は脂肪の蓄積を抑えるためにご飯量を減らす。
これが太りにくいご飯方法であり、
健康面でもとても好ましいご飯の摂り方なのです。

8時がどうしてもたくさん食べれないという人は、
12時を少し多めに食べるようにして、
2:3:1の割合で食べるようにしましょう。

<基礎知識>価格や環境と設備などを事前確認

<基礎知識>価格や環境と設備などを事前確認

★メニュー

<基礎知識>価格や環境と設備などを事前確認
<基礎知識>最も大きな費用が必要となる墓石代
<基礎知識>様々な規定のある霊園使用
<基礎知識>管理体制と霊園の設備などを確認
<基礎知識>供養方法は様々選択することが出来る
<基礎知識>宗教と立地条件が大切な霊園選び
<基礎知識>民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わない
<基礎知識>永代使用権を買うのであって土地を買うのでは無い
<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う
<基礎知識>公営墓地を選ぶメリットとデメリット


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)特報霊園情報最前線