<基礎知識>価格や環境と設備などを事前確認

<基礎知識>価格や環境と設備などを事前確認


<基礎知識>価格や環境と設備などを事前確認
生前墓として事前に霊園を買っておく人が多いですが、基本的には公営の霊園では遺骨が無いと申し込みが出来ません。
ですので、もし生前墓を購入されるのでしたら、民営や寺院の霊園を利用する必要があるのです。 最近の墓地の環境としては、日当たりや風通し、そして水はけの良い所が多くなっていますのでそのような霊園を選びましょう。
また、山間部を造成することで霊園にしている場所では、大雨に対しての地盤についても調べておく必要があります。
霊園を購入する際には、墓地の永代使用料となる永代使用料と管理費、そして墓石代などといった費用が必要となります。
その他、開眼やかいげん、そして供養のお布施などといった諸経費もかかりますので、事前に確認をしておくようにしましょう。

管理事務所、駐車場、さらには休憩所や法要設備など、諸設備の有無や規模というのは非常に重要なポイントと言えるでしょう。
墓地全域を平坦設計にしているなどといった、バリアフリーの霊園もありますので探してみてください。




<基礎知識>価格や環境と設備などを事前確認ブログ:20-10-18

みなさん
こんにちわですー

「あたくしって水を飲んでも太るのよね~」
と言う人をよく見かけますが、
むくみなどの場合を除いて、水で太ることなんてないんですよね~

水は減量に必要ですし、
むしろ、水は太るという間違った認識で
水分補給を制限してしまうことは危険です!

「喉が渇いた」と感じたときには
すでに脱水症状の初期と言われています。

「減量のために」と、
喉が渇いているのに水分補給を我慢するのは
からだに悪いだけなんです。

夏の熱中症だけではなく、
水分不足(サウナに入っても水を飲まないなど)の状態が続けば、
血液がドロドロになって流れが悪くなります。

血液がドロドロになれば血栓ができやすくなり、
脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことにもなりかねません。

減量のためにも、健康のためにも、
水分補給が日々の生活で欠かせないわけですが、
飲み物を間違えると、減量の障害になってしまいます。

減量を意識して、
今までの水分補給のしかたを見直しましょう。

まず、スポーツドリンクなども含め、
糖質を含んだ清涼飲料水は避けるべきです。

減量を目指しているのであれば、
たまに飲む程度ならともかく、
日々のように、清涼飲料水で水分補給していると、
糖尿病のリスクも上がります。

減量コーラなど、
血糖値をあまり上げない人工甘味料を使用している飲料は
一見問題が無さそうですが、その強い甘さの味覚に慣れてしまうと、
ほかの食事でも、同等かそれ以上の甘味でないと
物足りなさを感じることがあるので、要注意ですよ!

今日は、ここまで。
<基礎知識>価格や環境と設備などを事前確認

<基礎知識>価格や環境と設備などを事前確認

★メニュー

<基礎知識>価格や環境と設備などを事前確認
<基礎知識>最も大きな費用が必要となる墓石代
<基礎知識>様々な規定のある霊園使用
<基礎知識>管理体制と霊園の設備などを確認
<基礎知識>供養方法は様々選択することが出来る
<基礎知識>宗教と立地条件が大切な霊園選び
<基礎知識>民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わない
<基礎知識>永代使用権を買うのであって土地を買うのでは無い
<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う
<基礎知識>公営墓地を選ぶメリットとデメリット


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)特報霊園情報最前線