<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う

<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う



<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払うブログ:24-9-14


結婚してから気づいたのだが、
わたくしの夫は無趣味な人であった。

例えば、読書にしても…
実用書が好きだったり、読む時も仕事上の文献を探すとか、
「楽しむ」感じではない。

釣りや各種アウトドアスポーツの道具を持っていたり、
遠出をしたこともあるようで、
身体を動かすことが好きなのかな?とも思ったが、
仲間に誘われてやってみたことがある…という程度。

かといって、
「絵を描きます」とかそういうのもない。

夫は定年後どうするのだ!?と密かに思っているのだが、
それはさておき…

高校時代は水泳部だったという夫は、
水の中で身体を動かすことは楽しんでできるようである。

それでも、
わたくしと結婚してから休日にプール、夏場に海…など、
積極的に出かけることもなく過ごしてきた。

しかし、現在5歳になる娘が
スイミングスクールに通うようになると、
休みの日には公営プールに出かけて、一緒に遊んでくれるようになった。

カナヅチのわたくしにとって、
それはとても有難く(わたくしは水泳を教えることができないので)、
健康的な趣味ができた!と喜んでいる。

もちろん、娘も
「プールに行く」というととても喜んでいる。

娘はママ大好きっ子なので、
普段はわたくしと一緒でなければ、夫と出かけることはない。
それが、プールだけは別。
それは夫にとっても嬉しいらしい。

残念ながらわたくしは一緒に行ったことがないので、
二人がプールでどんな風に過ごしているかは分からない。

でも二人とも充実した顔で帰ってくるので、
きっと楽しいのだろう。
男二人、なかなかいい趣味ではないか!

<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う

<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う

★メニュー

<基礎知識>価格や環境と設備などを事前確認
<基礎知識>最も大きな費用が必要となる墓石代
<基礎知識>様々な規定のある霊園使用
<基礎知識>管理体制と霊園の設備などを確認
<基礎知識>供養方法は様々選択することが出来る
<基礎知識>宗教と立地条件が大切な霊園選び
<基礎知識>民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わない
<基礎知識>永代使用権を買うのであって土地を買うのでは無い
<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う
<基礎知識>公営墓地を選ぶメリットとデメリット


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)特報霊園情報最前線