<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う

<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う



<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払うブログ:21-2-16


たち夫婦は結婚して2年程になるのですが、
最近、大きな変化がありました。

嫁の腹の中に
新しい命を授かったのです

それはあまりにも唐突にやってきた、
あまりにも大きな変化でした。

妊娠が判明したのが早かったので、
超音波写真に写し出された赤ちゃんは、
まだ直径1cmくらいの袋に入った、ただのマルみたいな状態でした。

頭も胴体も腕も脚もない、
ただのマルなんです。

ただのマルなんですけどね、
これがすごく愛おしいのです。

わたくしはその写真を見ては大喜びし、
嫁の腹に耳をあてて様子をうかがってみたり…

まだ人の形もしていないわたくしたちの子どもは、
もちろんわたくしや嫁に何かをしてくれるわけもなく、
ただ嫁の腹の中にいるだけです。

なのですが、
それがもう理屈抜きにうれしくて、
愛おしくて、幸せなのです。

わたくしはこの子どもに対して断言することができます。

「君には存在するだけで愛される価値があるよ」って。
それは、他の何にも代え難い尊い価値です。

わたくしたちの子どもがいつそれを理解できるのかはわかりませんが、
理解できるようになった時に「そうなんだ」って思えるように、
今からいっぱい浴びせ掛けてやろうと思っています。

妊娠を知った友人達やお父さん・母親からは、
「おめでとう!」「かわいいんだろうね~」「早く会わせてね!」
という数十通の祝福メッセージが次々と届きました。

まだ会ったこともない、ただのマルが、
多くの人にめちゃくちゃ愛されているんですよね。

それは、ただのマルのくせに
わたくしたち夫婦より人気があることに
嫉妬してスネてしまうほどの愛されようです。

<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う

<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う

★メニュー

<基礎知識>価格や環境と設備などを事前確認
<基礎知識>最も大きな費用が必要となる墓石代
<基礎知識>様々な規定のある霊園使用
<基礎知識>管理体制と霊園の設備などを確認
<基礎知識>供養方法は様々選択することが出来る
<基礎知識>宗教と立地条件が大切な霊園選び
<基礎知識>民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わない
<基礎知識>永代使用権を買うのであって土地を買うのでは無い
<基礎知識>管理費は霊園側に毎年支払う
<基礎知識>公営墓地を選ぶメリットとデメリット


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)特報霊園情報最前線