<基礎知識>民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わない

「霊園を探しているけどなかなか納得のいく霊園が見つからない」と悩みを抱えている人も多いかと思います。
そんな時に適当に決めてしまうと後々後悔をすることになってしまうので失敗をしない選び方を実施しましょう。 墓地は経営や管理者により運営体制に違いがありますので、その特徴に応じ、どのような墓地を選ぶか考えるようにしましょう。
財団法人や社団法人が管理をして、民間が宗教法人から運営の委託されている霊園では、宗教宗派を問わずに申し込むことが出来る場合が多くあります。
少し前までは墓地と聞きますと生前居住をしていた近所の寺院や村の共同墓地などが一般的とされていました。
しかし最近における急激な人口増加などといったことの影響によって郊外に公営墓地が増加してきているのです。

 

民間などが運営をしている霊園というのは公営墓地と比べますと、永代使用料や管理費など割高傾向となっています。
しかし遺骨の有無などにより、申し込みについての制限が無くなります。



<基礎知識>民間が運営をしている霊園は宗教宗派を問わないブログ:31-10-18

5歳から6歳という脳の臨界期に、
我がお子さんに対して「お前は天才である!」と
言いきってしまうのが望ましい。

父から
「お前は天才である!」と言われると、
お子さんは自分を天才と思うようになり、
脳のシナプスを最大限増やすことが可能になる。

脳の臨界期は限られた期間しかないので、
ここで言っておかないと脳のシナプスを
最大限増やすことはできない。

そもそも天才は天与のものであって、
父が言った所で天才になるわけがないのだ。

でも父が我がお子さんを天才だと思うことは
決して悪いことではない。

父が「お前は天才だ!」と
言いきってしまうことは、
お子さんの脳の成長には非常に有益なのである。

冷静に考えれば、
我がお子さんが天才であろう筈がない。

しかしお子さんが何かをしてきて、
それに対して父が大袈裟に褒めまくり、
天才だと断言してしまえば、子供の脳に劇的な変化が起こり、
我がお子さんを天才と仕立て上げることが可能になるのだ。

ところが
大方の父たちはそれをしない。

我がお子さんの些細なミスを見つけ出し、
それを叱りまくるということを仕出かしてしまう。

5歳や6歳だと
お子さんは父と会話がきちんと成立するので、
お子さんを小さな大人とみなしてしまい、
それでお子さんの欠点を突きまくる。

父が余りお子さんと接触し過ぎることが非常に危険なのは、
父が育児をし過ぎる余りに
両親馬鹿になってくれなくなってしまうからである。

父は仕事に専念し、
僅かな時間だけお子さんに接するからこそ、
お子さんの成長が大きな変化に見えて、
物の見事に両親馬鹿になってくれるのである。

だからこそ日々の育児は
絶対に母がすべきなのだ。